MENU

四十九日までの流れ(ー般例)

初七日忌まで ・・・・・・・・・香典帳の整理
葬儀後の挨拶回り
忌明け法要の準備
二七日忌まで ・・・・・・・・・菩提寺の僧侶へ忌明け法要日時の連絡
法事案内状の作成→発送(参列者の出欠)又は連絡
食事会場の予約
生命保険の需給手続き
年金の停止
納骨・預骨の手配(納骨が法養時の場合など)
需給手続き
免許証、保険証などの返却
三七日忌まで ・・・・・・・・・本位牌の手配
返礼品の手配・発注
供物・供花・引き菓子などの手配
法要後の個別届け返礼品選び発注
四七日忌 ・・・・・・・・・・・・返礼品届け日確認等
五七日忌 ・・・・・・・・・・・・
(三十五日忌)
『三十五日忌法要の場合』
納骨・・・・寺院僧侶へのお布施
法要・・・・寺院僧侶へのお布施
 個別届け返礼品を法要前後に発送
六七日忌 ・・・・・・・・・・・・四十九日法要の確認
七七日忌 ・・・・・・・・・・・・
(四十九日忌)
『四十九日忌法要の場合』
納骨・・・・寺院僧侶へのお布施
法要・・・・寺院僧侶へのお布施
 個別届け返礼品を法要前後に発送

法事用供物のご案内

法要セット 21,000円
【セット内容】
■ 本堂用生花
■ 墓地用生花
■ 積団子一対
■ 菓子折
■ 果物籠
■ 四十九日餅
※その他、仏酒、返礼品、料理の手配などお気軽に相談ください
※セットは当日お寺様へ配達いたします

法要セット 21,000円
【セット内容】

■ 本堂用生花 ■ 墓地用生花
■ 積団子一対 ■ 菓子折
■ 果物籠 ■ 四十九日餅

※その他、仏酒、返礼品、料理の手配などお気軽に相談ください
※セットは当日お寺様へ配達いたします

四十九日の迎え方

死者の霊は、(仏教では)亡くなった日から7週間(四十九日間)はこの世とあの世をさまよっているとされています。この期間は、死から新しい生へと生まれ変わる準備をしているのです。
その間に遺族が丁寧に冥福をお祈りすることによって、亡くなった人は、初めて無事に極楽浄土に送り届けられる(浄土真宗を除く)とされています。
 
※ 神式では死後50日目を『50日祭』として祭ります。
この期間は「忌中(きちゅう)」といい、四十九日が過ぎると「忌明け」となります。
そして、忌明け法要は、親戚縁者を招いてお寺様にお参りいただき、故人の成仏をお祈りします。

四十九日の守り方【 旧・庵原郡に多い例】

※この守り方は地域やお寺様により異なりますのでご注意ください。

【 朝、水を供える】古い水は庭の草木などの生き物に返してあげる【 お膳をお供えする】少なくとも一日一回は新しいものに変える。 (※本来は一日三回)仏様は湯気を召し上がると言うので温かいものをお供えし、20分から30分後に下げて自分たちの食事と一緒に食べる。

【 朝、水を供える】
古い水は庭の草木などの生き物に返してあげる

【 お膳をお供えする】
少なくとも一日一回は新しいものに変える。 (※本来は一日三回)
仏様は湯気を召し上がると言うので温かいものをお供えし、20分から30分後に下げて自分たちの食事と一緒に食べる。

【 お墓参り】温かいお茶を持っていき、墓地の湯呑みにお茶をお供えする 【 七枚塔婆】1枚づつ墓地に持って行きます。都合が悪ければ自宅で裏返しにしておく。※当たりの日を過ぎないように気をつけましょう 【 ワンプ】位牌にかかったカバーのような物を戒名の文字一文字づつくらいを目安に上にずらす。

【 お墓参り】
温かいお茶を持っていき、墓地の湯呑みにお茶をお供えする
 
【 七枚塔婆】
1枚づつ墓地に持って行きます。都合が悪ければ自宅で裏返しにしておく。
※当たりの日を過ぎないように気をつけましょう
 
【 ワンプ】
位牌にかかったカバーのような物を戒名の文字一文字づつくらいを目安に上にずらす。

お供え物などは悪くなる前にお召し上がりください。(痛みにくいものをお供えすると良いでしょう) 三角の積み団子は七日ごとに新しいものに換えます。(らくがんでできたものでも良いでしょう)

お供え物などは悪くなる前にお召し上がりください。
(痛みにくいものをお供えすると良いでしょう)
 
三角の積み団子は七日ごとに新しいものに換えます。
(らくがんでできたものでも良いでしょう)